(文庫)天地明察訂正箇所確認#6 「日本天文学史」


天地明察 日本天文学史 2010/4/27Link

====以下単行本第12版P123L9より引用
                           ・・・中国(清国)でも地動説に
疑問の余地はなく、当然、日本でも天文観測に特に長けた一部の者たちにとっては常識だった。
この地球が宇宙に浮かぶ一個の球体であり、それより遥かに巨大な太陽の周囲を、他の惑星と
ともに公転運動している。同じように、月などの衛星も地球の周囲を公転しており、様々な天
文現象をもたらす。
====以下文庫本(上)初版P144L7より引用
  ・・・中国(清国)でも日本でも天文観測に特に長けた一部の者たちには地球が
一個の球体であることが認知されつつあった。それより遥かに巨大な太陽や月なども
規則正しく動く球体であり、互いの動きが天文現象をもたらすという認識が生まれよ
うとしていたのである。

おっ、地動説、引っ込めたね。

====以下単行本第12版P442L1より引用
 一つは、大地だった。授時暦が作られた中国の緯度と、日本の緯度、その差が、術理の根本
的な誤差をもたらしていたことを実証したのである。北極星による緯度の算出、その”里差”
の検証、さらには漢訳洋書という新たな視点によって、その誤謬が確実なものとなった。

====以下文庫本(下)初版P242L12より引用
 一つは、大地だった。授時暦が作られた中国の経度と、日本の経度、その差が、術
理の根本的な誤差をもたらしていたことを実証したのである。北極星による経度の算
出、その”里差”の検証、さらには漢訳洋書という新たな視点によって、その誤謬が
確実なものとなった。

あぁ。やっちまったなぁ。泥沼ですね。北極星で経度が分かるんだ。ふーん。

====以下単行本第12版P442L11より引用
 膨大な数の天測の数値を手に入れ、何百年という期間にわたる暦註を検証した結果、太陽と
月の動きから、この春海がいる地球そのものの動きが判明したのである。
 地球は、太陽の周囲を公転し続けている。そのこと自体は天文家にとって自明の理である。
 だがその動き方が、実は一定ではないということを、春海は、おびただしい天測結果から導
き出したのだった。
 近日点通過のとき、地球は最も速く動く。逆に遠日点通過のときには、最も遅く動いている
のである。これは、たとえば秋分から春分までがおよそ百七十九日弱なのに対し、春分から秋
分までは、およそ百八十六日余であることから、実は既に明らかになっていることでもあった。
 後世、“ケプラーの法則”と呼ばれるもので、この近日点通過と、遠日点通過の地点もまた、
徐々に移動していく。となると、地球の軌道はどんな形になるか。太陽を巡る楕円である。
 「……そんなばかな」 

====以下文庫本(下)初版P243L12より引用
 膨大な数の天測の数値を手に入れ、何百年という期間にわたる暦註を検証した結果、
太陽と月の動きが判明したのである。
 太陽と惑星は互いに規則的に動き続けている。そのこと自体は天文家にとって自明
の理である。
 だがその動き方が、実は一定ではないということを、春海は、おびただしい天測結
果から導き出したのだった。
 太陽は、地球に最も近づくとき、最も速く動く。逆に最も遠ざかるときには、最も
遅く動いているのである。これは、厳密に秋分から春分までを数えるとおよそ百七十
九日弱なのに対し、春分から秋分までは、およそ百八十六日余であることから、明ら
かになっていた。
 後世、”ケプラーの法則”と呼ばれるものに近い認識である。このいわば近地点通
過と、遠地点通過の地点もまた、徐々に移動していく。となると、その運行はどんな
形になるか。
 楕円である。
 「……そんなばかな」

”ケプラーの法則”も「近い認識」とトーンダウン。

 

— posted by nitobe at 10:26 pm   commentComment [0] 

(文庫)天地明察訂正箇所確認#5 「招差術」


天地明察        2010/4/13Link
天地明察 招差術問題  2010/4/22Link
天地明察 招差術問題#2 2010/4/24Link

====以下単行本初版P236L3より引用
『今有如図大小星円十五宿。只云角亢二星周寸相併壱十寸。又云心尾星周寸相併廿七寸五分
重云虚危室壁五星周相併四十寸。問角星周寸』
====以下文庫本(上)初版P275L1より引用
『今有如図大小星円十四宿。 只云角亢二星周寸相併寸。 又云心尾星周寸相併壱拾
寸。 重云虚危室壁五星周相併四十五寸。 問角星周寸』

おみごと。ひょっとして、講談社のコミック担当編集に手伝ってもらった?
「重云女虚危室壁五星周相併四十五寸」単行本初版からだけど、文庫になっても「」抜けてるし。

====以下単行本初版P241L13より引用
 七分の三十寸。
 すなわち四寸二分八厘五毛七糸一忽四微……と続き、よって”有奇”と記して割り切れぬこ
とを示さざるを得ない数値。それを、しっかりと割り切れるように工夫した答え。
『四寸五分 関』

====以下文庫本(上)初版P281L4より引用
『答 七分ノ三十寸 関』

へえぇ。今度は工夫しないんだ。工夫すると、角=亢=四寸五分になっちゃうもんね。そりゃぁ困った。七分の三十寸、すなわち四寸二分八厘五毛七糸一忽四微有奇でもいいんだよね。金王八幡宮のオリジナル問題はこの形式だしね。

金王八幡宮 2010/4/24Link

book2
クリックすると拡大するよ

この修正問題は、ただの等差数列に成り下がっている。ああ、情けない。散々いじくりまわしてこの為体だ。招差術なんていうのも烏滸がましいことこのうえない。等差数列だから条件も過剰。『今有如図大小星円十四宿。只云角亢二星周寸相併九寸。又云房心尾星周寸相併壱拾八寸。問角星周寸』で充分。このexcel sheet は逆行列で解いたけど、そんなことする必要もなし。暗算(私は筆算)でOK。中学一年の練習問題にはかろうじて使えるレベルだ。

解いてみよう。
an = pn + q を想定する。

a1 = p + q
a2 = 2p + q
a3 = 3p + q
a4 = 4p + q
a5 = 5p + q
a6 = 6p + q <--- 十四宿なんて不要。ここまでで充分。
:
a14 = 14p + q

題意より
a1 + a2    ~~~  3p + 2q = 9 ……(1)
a4 + a5 + a6  ~~~  15p + 3q = 18 ……(2)

(1)、(2)より
p = 3/7 , q = 27/7

故に
a1 = 30/7

更に言わせてもらえば、
『今有如図大小星円十四宿。只云心星周寸六寸。又云危星周寸九寸。問角星周寸』で充分。ああ、しょぼい。
an = pn + q を想定する。

a1 = p + q
a2 = 2p + q
a3 = 3p + q
:
:
a5 = 5p + q
:
a12 = 12p + q  <--- 十四宿なんて不要。ここまでで充分。
:
a14 = 14p + q

題意より
a5  ~~~  5p + q = 6 ……(1)
a12  ~~~  12p + q = 9 ……(2)

(1)、(2)より
p = 3/7 , q = 27/7

故に
a1 = 30/7

関係者、誰も気づいてない? 読者をバカにしている? 海老澤總右衛門正泰氏の算額をどこまで貶める? やっぱり、著者、担当、編集、校正、和算監修、揃って切腹もんである。介錯は角川の社長にお願いいたします。
おう、忘れてた。巻末解説の大御所もだ。

たぶん、コミックも映画も同様の修正問題であろう。おおいに笑わせていただこう。祝・雁首仲間入り。

 


— posted by nitobe at 09:13 pm   commentComment [3] 

(文庫)天地明察訂正箇所確認#4 「伊勢暦」


天地明察 伊勢暦 2010/6/6Link

====以下単行本初版P192L17より引用
 ふと表紙を見直し、手にしたものが寛文二年壬寅のものであることを確かめた。
 星巡りは五黄土星。自分が生まれた年は己卯で、一白水星。今年が自分にとってどんな年で
あるかが、十干十二支と星という、ただそれだけで、なんとなく漠然と理解できる気がしてく
る。
====以下文庫本(上)初版P224L13より引用
 ふと表紙を見直し、手にしたものが寛文二年壬寅のものであることを確かめた。
 今年が自分にとってどんな年であるかが、十干十二支という、ただそれだけで、な
んとなく漠然と理解できる気がしてくる。

おお、九星関係ばっさりカットだねぇ。

 

— posted by nitobe at 09:29 pm   commentComment [0] 

 

(文庫)天地明察訂正箇所確認#3 「蝕交問題」


天地明察 今有図如  2010/4/25Link
天地明察 蝕交問題  2010/4/25Link
天地明察 蝕交問題#2 2010/4/28Link
天地明察 蝕交問題#3 2010/5/7Link

====以下単行本初版P142L12より引用
今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』
====以下単行本第五版P142L12より引用
今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方界相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』
====以下文庫本(上)初版P167L7より引用
今有如図 日月円及方蝕交 方面七分ノ三十寸 方内容月円 問日月蝕ノ分』

====以下「天地明察」初版P156L7より引用
「あの設問、術から組み立てましたか? それとも答えからですか?」
「両方からですが……」
 日月の蝕交の分は、実は七と二十三の平方根を足して、四で割ったものになる、ということ
まで晴海は安藤に話した。七と二十三は足して三十。”七分の三十寸”にあくまでこだわった
答えだった。だが、ただ七と二十三を足すのではなく、それぞれ開平させてから足させるとこ
ろに自分なりの工夫と主張があった。

 ふーむ、と安藤は唸った。どうも、ただ難問ゆえに解けない、という態度ではない。
====以下文庫本(上)初版P182L11より引用
「あの設問、術から組み立てましたか? それとも図から組み立て答えとしました
?」
「両方からですが……」
 ふーむ、と安藤は唸った。どうも、ただ難問ゆえに解けない、という態度ではない。

====以下「天地明察」初版P158L14より引用
 術が存在しない。すなわち”解答不能”の意だった。
 よくよく見ると、設問の、『七分ノ三十寸』の箇所に、薄く傍線が引かれている。さらによ
く見ると『大小方界』にも傍線があった。春海は目玉を眼窩から押し出さんばかりに瞠目した。
 まず何より自分が拘った数字こそ、設問の病根だった。数字にばかり拘った挙げ句、現実に
存在しない図形を作りだしてしまったのだ。そもそも図形とは理念の中にのみ存在するもので
ある。完全に誤差のない図形などこの世に存在しない。誤差を完全に消すには、線から限りな
く幅を奪い、点から限りなく面積を奪わねばならない。そんなことは不可能である。
 だが線を幅のないもの、点を面積を持たないものとして想定することで、初めて複雑な算術
が構築できる。いわば算術はこの世を映す鏡像だった。現実には存在しない鏡像を通して、数
理という不可視のものを見て取ることができた。
 けれども、これはそういう考えからも完全に外れている。
 第一に、術を求めてゆくと、正の数と負の数の、複数の解答があり得た。昨今では、ときに
算術において、複数の答えが導き出される場合があることは広く知られるようになっている。
だがそれらは”病題”と呼ばれ、あくまで”一問一答”こそが算術の王道とされた。
 第二に、これは術そのものに矛盾を抱えていた。大小の方の辺の比は、春海が用意した答え
では単純に偶数と奇数になる。そうでなければならない。だが小方と大方の辺の比を求めてゆ
くと、にわかに矛盾が発生する。
 大方の一辺は、すなわち小方の対角線であり、偶数である。そして小方の対角線は、奇数で
ある。これらが同時に成り立ってしまう。奇数であると同時に偶数である。術を工夫すればす
るほどそうなる。完全な矛盾だった。なぜそんなことが起こったのか。

”術から組み立てましたか? それとも答えからですか?”
====以下文庫本(上)初版P185L8より引用
 術が存在しない。すなわち”解答不能”の意だった。
 春海の構想では、正方形に蝕交する別の小さな正方形が日月円内部にあると想定す
ることが解法の要となる。最初に思いついた図案である。すると、小さな正方形の辺
は、大きな正方形の辺と比をなしつつ日円の半径となるはずだった。だがこの図案を
想定したとしても、小さな正方形の辺が日円の半径となるには条件が足らないのだ。
必ず自分の想定通りになるはずだという勝手な思い込みが、致命的な欠陥を生んだ。

”術から組み立てましたか? それとも図から組み立て答えとしましたか?”

おいおい。こんなに引用させて著作権で訴えるつもりじゃぁなかろうなぁ。あくまで誤謬指摘の検証だからね。加筆訂正で引っ込めた文章に「著作権」があるかどうか?やってみる?法廷闘争。

それにしても、わけのわからん数理解説、ばっさりカットだねぇ。

ときに「足らない」というのは小説家の日本語としてどうなんだろう?確かに間違いではないが、なんだか気持ちわるい。何で急にここだけ古文習いたての高校生みたいな中途半端な文語になるかなぁ。角川の校正ちゃんと仕事しなさいよ。他にも随所にあるんだけどね。クランチ文体という言い逃れはできず、単に「日本語が不自由な人」だよね。

「足りる」上一段  足りない/足ります/足りる/足りるとき/足りれば/足りよ
「足る」五[四]段 足らず(ない)・足ろう/足りけり/足る/足るとき/足れども/足れ

確かに使うよ「足らない」。だけど、あくまで「おふざけで」だからね。とは言え、意見の分かれるところであることは確かだ。現代国語文法に詳しい方のご意見を伺いたいところだ。

 

— posted by nitobe at 08:19 pm   commentComment [0] 

(文庫)天地明察訂正箇所確認#2 「算木」


ここが違うよ『天地明察』:参考文献の著者から(1)Link (佐藤賢一先生)2010/06/12
====以下単行本第十二版P12L16より引用
・・・・・木は正の数、木は負の数・・・・・
====以下文庫本(上)初版P26L7より引用
・・・・・木は正の数、木は負の数・・・・・

 

— posted by nitobe at 09:23 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0231 sec.
prev
2012.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar