トップ 最新 追記

digital西行庵

2006|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|07|08|11|12|
2010|01|02|03|04|05|12|
2011|11|12|
2012|01|02|05|
2013|09|
2014|01|02|03|

2007-06-15 入手:「出羽の西行」--たきの山の桜と月-- 他

_ 入手:「出羽の西行」--たきの山の桜と月--
後藤利雄著 やまがた散歩社
平成四壬申年八月一日
札幌市「北天堂書店」 入手價格:秘密(¥2,500-)
_ 入手:京都「山家集の風土と風景」
名古屋茂郎著 有限会社人間の科学新社
1999年10月10日
神田「日本書房」 入手價格:秘密(¥2,857-)
_ 入手:古典への旅「山家集」
山本一彦 ブレークアート社
平成二年四月二十五日
yahoo auction 入手價格:秘密(¥4,000-)
_ 入手:芭蕉自筆「奥の細道」
上野洋三・桜井武次郎 株式会社岩波書店
1997年1月24日 第一刷発行
神田「小宮山書店」 入手價格:秘密(¥3,296-)
本日のリンク元 | 6 | 4 | 3 | 3 | 2 | 2 | 2 | 2 | 2 | 2 |

2007-06-18 入手:手鑑「六家撰」

_ 入手:「東海道名所記1」1/2
朝倉治彦校注 株式会社平凡社
1979年1月30日 初版第1刷発行
1989年3月20日 初版第4刷発行
ISBN4-582-80346-6
神田「日本書房」 入手価格:秘密(¥2,000-)
_ 入手:「武蔵名勝図会」
片山廸夫校訂 株式会社慶友社
昭和五十年三月十日 二刷発行
神田「小宮山書店」 入手価格:秘密(¥6,500-)
_ 入手:「江戸より紀州迄里程図」
一切不明

yahoo auction 入手価格:秘密(不明) 例によって南が上。
_ 入手:掛け軸
一切不明
yahoo auction 入手価格:秘密(不明)
_ 入手:手鑑「六家撰」
一切不明

yahoo auction 入手価格:秘密(不明)
本日のリンク元 | 9 | 9 | 7 | 6 | 3 | 3 | 2 | 2 | 2 | 2 |

2007-06-22 入手:「歴史街道」平成2年7月号

_ 入手:「歴史街道」平成2年7月号
PHP研究所
表紙・「西行の煙草に火をつけて」  黒鉄ヒロシ p1,p3
「西行とその時代」               p20
「人は『聖』と『俗』の間で生きる」 ひろさちや p22-27
「二三歳の決断」          江坂彰   p28-32
「歌で自分を見つめ続けた人生」   奈良本辰也 p34-38
「人々が西行に期待したもの」    福田晃   p40-43
平成二年七月一日発行
yahoo auction 入手価格:秘密(¥520-)
本日のリンク元 | 170 | 16 | 12 | 6 | 4 | 3 | 2 | 2 | 2 | 2 |

2007-06-25 入手:「道中独案内図」

_ 入手:「道中独案内図」
詳細一切不明。御多分に洩れず南が上。

yahoo auction 入手価格:秘密(不明)
本日のリンク元 | 25 | 23 | 6 | 3 | 3 | 2 | 1 | 1 | 1 | 1 |

2007-06-27 入力完了:西行が読んでいたわけがない文献

_ 入力完了:西行が読んでいたわけがない文献
「正信念仏偈」 .txt 親鸞 未校正
「淨土和讚」 .txt 親鸞 未校正
「高僧和讚」 .txt 親鸞 未校正
「正像末和讚」 .txt 親鸞 未校正
「正信偈念仏和讚」 .txt 親鸞/蓮如 門徒用豆本未校正
蓮如は論外として、西行と親鸞の接点を否定する資料はない。肯定する資料もまた、ない。
因みに親鸞は「治承5年(1181年)9歳、青蓮院(しょうれんいん) において、後の天台座主・慈円(慈鎮和尚) のもと得度し、範宴(はんねん)と称する。出家後は比叡山延暦寺に登り、慈円が検校(けんぎょう) を勤める横川(よかわ) の首楞厳院(しゅりょうごんいん) の常行堂において天台宗の堂僧として不断念仏(ふだんねんぶつ)の修行をしたとされる。比叡山において20年にわたり厳しい修行を積むが、涅槃に至る事はできなかった。」wikipedia 親鸞より おぉ小説のネタになりそうだねぇ。
『「大乗院」で堂僧「範宴」は見た』ちゃららぁ〜ん
_拾玉集第四
_円位上人無動寺へのぼりて、大乗院のはなちでにうみをみやりて
にほてるやなぎたるあさに見わたせばこぎ行く跡の浪だにもなし
_かへりなんとて、あしたの事にてほどもありしに、今は歌と申す
_ことは思ひたえたれど、結句をばこれにてこそつかうまつるべか
_りけれとてよみたりしかば、ただにすぎがたくて和し侍りし
ほのぼのとあふみのうみをこぐ舟の跡なきかたに行くこころかな
本日のリンク元 | 76 | 23 | 10 | 7 | 7 | 6 | 6 | 6 | 5 | 5 |

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。