死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日



死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
510wkqdeXrL__SS400_


著者: 門田 隆将
メーカー・販売: PHP研究所
ISBN: 4569808352
定 価: ¥ 1,785
出版日: 2012/11/24

====「まえがき」より引用
 本書は、原発の是非を問うものではない。あえて原発に賛成か、反対か、といった是非論のは踏み込まない。なぜなら、原発に「賛成」か「反対」か、というイデオロギーからの視点では、彼らが死を賭して闘った「人として」の意味が、逆に見えにくくなるからである。
 私はあの時、ただ何が起き、現場が何を思い、どう闘ったか、その事実だけを描きたいと思う。原発に反対の人にも、逆に賛成の人にも、あの巨大震災と大津波の中で、「何があったのか」を是非、知っていただきたいと思う。
 本書は、吉田昌郎という男のもと、最後まであきらめることなく、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した人たちの物語である。

— posted by nitobe at 10:07 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.8454 sec.
prev
2013.3
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar