Repair Thinkpad x31

というわけで、Thikpad x31 TYPE 2672-CBJ を修理する。私の記憶が確かならば、2004年前半に購入しているので、8年選手。んが、まだまだ現役だ。

症状: 電源インジケータ点灯、CPU FAN 回転、bios - boot loader 起動せず。

方針: X31 の持病、 タンタルチップコンデンサ C683 の容量抜けと推察される。C683 交換。

施工:
DSC_0087
分解・施工前

DSC_0090
施工前

DSC_0101
施工後

DSC_0095
施工後


使用工具: +1ドライバ、ラジオペンチ、ANTEX 18W半田ごて、ソルダーウィック、スパークルハンダ、むしめがね(老眼)

施工時間: 2時間

結果: 起動確認 復活!

交換部品: タンタルチップコンデンサ 220uF4V KEMET T520D227M004ATE012
購入:    マルツパーツ館WebShopLink @370-

修理不能を想定して、タンタルチップコンデンサの発注と同時に、YahooオークションでThinkpad X31 2672-B2J (¥6,800-)の入札・落札を行っていた。最悪、HDDだけ移植すればよいという寸法だ。直っちゃったので、X31を2台所有することとなった。また、コンデンサの送料を無料にするため、radiation-watch Link の、ポケットガイガーType5 EMBEDDED(¥6,450-)Link も同時発注した。馬鹿者、俺。嫁にはご内密に。


— posted by nitobe at 11:30 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0223 sec.
prev
2012.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar