日本奥地紀行



明治11年(1878年)
横浜オリエンタルホテル(五月二十一日)から東北を経由し、函館に渡り、現在の北海道沙流郡日高町(旧北海道沙流郡門別町)まで行き、東京英国大使館(十二月十八日)へ戻るまでの旅行記である。

伊能忠敬が蝦夷を測量した78年後である。津軽海峡に汽船が運航している!
佐瑠太は現在の日高町富川(旧富川町)のことかなぁ?ああやっぱりそうだLink
平取町が出てくるが、やはり義経神社への言及がある。この町にはUFO基地「ハヨピラ」もあるのだ。
件の三厩(三馬屋)も義経伝説に関連している地名だ。
しゃあない。もう少し調べようか。

当時、日光から北は、土人の土地だったんだ。江戸も「かねやす」までだったからね。

 

— posted by nitobe at 10:10 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.8822 sec.
prev
2012.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar