Salvage HDD data of J3100SGT101

DSC00388


 納戸の肥やし往年の110万円ラップトップパソコンJ3100SGT101のHDDデータをサルベージしようと思う。この当時のパソコンのデータ交換は、FDかRS232Cかプリンタポート(双方向に設定可能)位しかない。幸いこのマシンにはMS-KERMIT3.01がインストール済みなので、IBM-S50-debianのC-kermit9.0.302を使いRS232Cでデータを吸いあげよう。
 実は当初、母艦をWindows7上の仮想DebianマシンのC-kermitでUSB-シリアルI/Fを使ってデータの吸い上げを行ったが、エラーが多発した。どうもハンドシェイクをまじめに行っていないようで、それが仮想マシンに起因するのか、USB‐シリアルI/Fに起因するのか判断がつきかねた。こいつらのデバグをやってあげるほど暇ではない。ここはやっぱり実機でしょう。そこで、そろそろ骨董品の域に達してきたIBM S50 の出番である。っていうか、D-Sub9ピンが付いているパソコンがうちにはこれしかなかったんだな。

詳細はWEBで。Salvage HDD data of J3100SGT101Link
ってか既にWEBだってば。

— posted by nitobe at 08:09 pm   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ) ふね do くもり

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 3.3162 sec.
prev
2024.6
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar