言葉と言葉の間に屍がある

奇しくもNHK関連の2作品。詳細は各自購入して確認のこと。

3・11の奈落とは何か 根源の洞察<私記>
キーワード
1.言葉と言葉の間に屍がある
2.人間存在というものの根源的な無責任さ

「それと、またひとつ、確かに思うようになったことがあります。死とは、ただそこにあるだけのものだ、と。」

死線 四句
死はひややかな空とほく雲のゆく
死をひしと唐辛まつかな
死のしづけさは晴れて葉のない木
そこに月を死のまへにおく
草木塔/種田山頭火/昭和十五年二月

— posted by nitobe at 09:18 pm   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ) ふね do くもり

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 3.7566 sec.
prev
2024.6
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar