digital西行庵 wiki  Index  Search  Changes  PageRank  RSS  Login

TortoiseHg ³Ð½ñ

ページを編集するにはログインが必要です。

インストールはウイザードの指示通りに

0.7.5

どおってことはない。

C:\tempがないと動かない!

表題通り。はまった。なんだかなぁ。

Cygwin ssh を完全にしておく

パスフレーズなしのキーペアを生成。 パブリックキーをサーバの~/.ssh/authorized_keys に追加。

~/.ssh/config

User USERNAME
Protocol 2
PubkeyAuthentication yes
$ ssh サーバ名

で、さくっとログインできることを確認。

保守的なISP様

sppd.ne.jp は ssh コマンドライン時の PATH が /usr/bin:/bin のみである。コマンドラインなので、当然、~/.bashrc、~/.profile等は実行しない。ましてや、~/.ssh/rc や ~/.ssh/environment の実行は望むべくもない。${HOME}/binが付いていないので、自前のバイナリは実行できない。/etc/bashrcに${HOME}/binを付加するようお願いしても、~/.ssh/environment を有効にするようお願いしても。セキュリティ云々で一蹴である。代替案の提案もない。

所詮、その程度なのである。

悲観していてもしょうがないので、こんな感じで回避してみた。何をやっとるかは、各自考えるように。

C:\Program Files\TortoiseHg\Mercurial.ini

[ui]
editor = C:\Program Files\EmEditor3\emeditor.exe
username = Hiroaki Nitobe <nitobe@saigyo.net>

ssh = C:\cygwin\bin\ssh
remotecmd = export PYTHONPATH=/home/xxxxx/lib/python; export PATH=$PATH:/home/xxxxx/bin; hg

hg clone すれば、こちら側のリポジトリの出来上がり。これで、ftp によるアップデートともおさらばである。おまけに完全なバックアップが手元に存在するという寸法だ。

Last modified:2009/05/26 00:15:01
Keyword(s):
References:
This page is frozen.